2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

東京ラーメンショー第一幕、無事終了しました

東京世田谷・駒沢公園で行われていた
「東京ラーメンショー・第一幕」が無事終了しました。
 
「チーム錦」は11月15日からの5日間の出店でしたが、
初日から連日、長い行列を作ることができました。
今年は、行列の長さナンバーワンに加えて、
連日、売上げ杯数ナンバーワンという記録を納めることも出来たようです。
 
今回は、宮城の実力派「本竃」とのコラボ
というスタイルで参加した「東京ラーメンショー」ですが、
それぞれの県の自慢の食材を合わせて、
新しいらーめんを作るということも、
5日間、二つのラーメン店スタッフが、
狭いブースの中で一日中ラーメンを作り続けるということも、
ほかでは味わえない貴重な体験だったと思います。
 
今回参加したスタッフ達は、
「大つけ麺博」「東京ラーメンショー」という
二つのビッグイベントをこなした自信を秋田に持ち帰り、
今まで以上の熱い思いで、
ラーメンづくりに向き合うことと思います。
 
大つけ麺博の「濃熟比内地鶏つけ麺」と
東京ラーメンショーの秋田桃豚・宮城三元豚「極旨トロ肉豚骨」は
秋田の皆様にもお披露目する作りたいという話しも、
にわかに持ち上がっているようです。
 
20130720_2
大つけ麺博「濃熟比内地鶏つけ麺」
 
 
2013111trs
東京ラーメンショー「秋田桃豚・宮城三元豚/極旨トロ肉豚骨」
 
 
詳細が決定したら、
ブログでも番組でも紹介していきますので、
もう少しだけ、お楽しみにお待ち下さい。
 
**********
 
そして、「東京ラーメンショー」参加のために
臨時休業中の「ニシキ土崎分店」は
21日(木)までお休みをいただきます。
22日(金)からは通常営業です。
 
長い間お休みしてしまいましたが、
今まで以上の、ご愛顧をお願いします。
 
Photo_2       
 
■□■ニシキ土崎分店■□■
 
秋田県秋田市土崎港北7-5-59
TEL.018-847-7022
営業時間/11:00〜21:00(L.O.20:45)
定休日/木曜(祝日の場合営業、翌日休)
席数/32席
駐車場/22台

東京ラーメンショー第一幕最終日

東京に行っている「チーム錦」から

午前中の写真が送られてきました。
 
開店して間もなくの頃の写真のようです。
 
20131119
 
最後の一日が始まりました。
 
最後の最後まで、美味しいらーめんをお出しするべく、
チーム「錦×本竃」はりきって営業中です。
 
皆様のお越しをお待ちしております。
 
20131115trs02_menu2

東京からの写真

ブログ管理人です。

 
今朝(11/18)、東京ラーメンショーに参加している
チーム錦の大将・遠藤社長から画像が送られてきました。
 
20131118
 
昨日の行列の写真です。
 
チームの若いもんがブースの屋根に登って撮ったものと思われます。
お昼のピーク時には、そういう余裕はないでしょうから、
午後になって少し落ち着いてから撮ったものじゃないかと思います。
 
陽の色や影も、そんなかんじですよね。
 
こういう光景は、素直にうれしいです。
ありがとうございます。
 
ちなみに、遠藤社長は、
「体が石のよう」になっているらしいです。
 
ブログ管理人としては、
本当に石にならないように、祈るばかりです。
 
本日も、ご来場お待ちしております。
 
20131115trs01_menu1

「東京ラーメンショー3日目」ベルカンプ氏ふたたび

11月17日(日)、昨日登場いただいたベルカンプ氏が再来場。

 
昨日の予言どおり、
「錦×本竃」ブースのポールポジションとりに成功したようです。
朝から写真を送ってくれました。
 
20131117trs09
 
20131117trs13
開店30分前には、人が集まりはじめ・・・。
 
20131117trs15
10分程度でこの行列。これ、まだ開店前です。
 
20131117trs05
開店1時間後にはこの行列。
いい感じで行列がつきました。
 
20131117trs07
 
20131117trs06
 
20131117trs08_2
ブースの中では・・・わかりますか?
錦&本竃の代表二人が並んでラーメンを作っています。
こういうシーンもイベントならでは...です。
 
そして、注目の
秋田桃豚・宮城三元豚「極旨トロ肉豚骨」がこれです。
 
20131117trs04
 
この味を現場で確かめてください。
ご来場お待ちしております。

「らーめん錦」×「らーめん本竃」のコラボの訳

「東京ラーメンショー」の話しを続けたいと思います。

 
今年、東京ラーメンショーに参加する考えていた時に、
「らーめん錦」代表・遠藤隆史が
コラボラーメンという方法を選んだ背景には、
仙台「らーめん本竃」代表の松本久徳氏との親交がありました。
 
同じ東北の地でラーメン店を営む二人は、
十数年前からの同業の友人同志でした。
 
もともと親交が厚い二人は、
昨年の「東京ラーメンショー」の会場で、
隣同士のブースで5日間過ごしました。
 
その5日間を共有したことが、
今回のコラボ参加のきっかけとなったようです。
 
20131115trs01_menu1
 
 
今回のコラボのキーになったのは、
秋田・宮城の美食材の「豚肉」です。
 
その名も秋田桃豚・宮城三元豚「極旨トロ肉豚骨」
 
両県自慢の「ブタ・ブタ」コンビで、
美味しいらーめんを作り上げました。
 
スープは秋田を代表するブランド豚
「十和田湖高原・桃豚」使用の魚介豚骨
 
トッピングの主役は「とろ肉」は三元豚のぶたバラ軟骨の旨煮
美味しさの相乗効果が堪能できます。
 
2013111trs_2
 
ぜひ、会場で、お試し下さい。

11月16日「らーめん錦&らーめん本竃」、今日の東京ラーメンショー

11月16日(土)の東京ラーメンショー情報です。

 
今日は、秋田成ト会応援団長・ベルカンプ氏が
午後4時過ぎに会場入りしてくれました。
「大つけ麺博」に続いての応援です。
早速写真を送ってくれました。
 
20131116trs01
写真センターに「錦×本竃」の文字が見えます。
 
あそこがブースだと思われます。とおい(笑)・・・うれしい(笑)
 
ベルカンプ氏のメールでは、
なかなかインパクトのある行列を作っていたそうです。
こういうお話は、う〜、テンション上がりますupupup
 
20131116trs02
暗くなっても、ブース前は、こんな感じ。
行列はなかなか途切れないようです。
 
午後5時頃には、
人気のトッピング「比内地鶏味玉」が完売しました。ありがとうございます。
 
上の写真は、ベルカンプ氏からのメールで送ってもらったものです。
 
不思議なことに、今日は、ラーメンの写真が送られてきません。
 
はて? とおもったものの、最後のメールを読んで納得しました。
 
『明日は、朝イチ。ポールポジションを狙います』
 
なるほどね〜(笑)。
 
 
20131115trs02_menu2
 
皆様のご来店をお待ちしております。

らーめん錦&らーめん本竃、東京ラーメンショーにコラボ出店中

「大つけ麺博」が終了したとおもったら(笑)
らーめん錦は「東京ラーメンショー2013」に参加しています。
 
東京ラーメンショーの開催期間は、
11月15日(金)〜11月24日(日)ですが、
第一幕[11月15日(金)〜19日(火)]と
第二幕[11月20日(水)〜24日(日)]に分かれています。
会場は、東京・世田谷「駒沢公園」。
 
らーめん錦が出店するのは
第一幕[11月15日(金)〜19日(火)]です。
 
昨年までは、
所属するラーメのおやじの会「秋田成ト会」の
実働チームとして参加していましたが、
今年は、宮城県の実力派「本竃」とのコラボでの出店となりました。
 
今回出品するラーメンは「極旨トロ肉豚骨」
両県自慢の「ブタ・ブタ」コンビで、
美味しいらーめんを作り上げました。
 
スープは秋田を代表する
ブランド豚「十和田湖高原・桃豚」使用の魚介豚骨。
トッピングの主役の「とろ肉」は
宮城・三元豚のぶたバラ軟骨の旨煮。
 
美味しさの相乗効果が堪能できます。
        
2013111trs
 
「大つけ麺博」とは、個性の違うラーメンなので、
ぜひ、コンプリートしてください。
 
■東京ラーメンショー2013
 
 
***********
 
 
そして、現在、東京ラーメンショー参加のために
「錦グループ」である秋田市「ニシキ土崎分店」が
臨時休業を採らせていただいております。
期間は11月14日(金)から11月21日(木)の8日間です。
 
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
なお、他の店舗は通常通り営業いたします。

大感謝の「大つけ麺博」! そして・・・

ブログ管理人です。

いつもながら、完璧に遅いタイミングの更新です。
 
「大つけ麺博」ではお世話になりました。
残念ながら、入賞を果たすことはできませんでしたが、
連日、長い行列を作ることができました。
 
これも、並んでくださったお客さまのおかげだと、
スタッフ一同、心から感謝しております。
会場では、行列の長さを調整するための
ブース閉鎖が何度も行われたそうです。
この調整は、大つけ麺博初とのこと。
これも「チーム錦」にとっては、
一つの勲章のようなものかもしれません。
 
ちなみに売上げ杯数としては、
参加店のなかでもトップクラスの杯数だったそうです。
本当にうれしい限りです。
 
連日のハードワークで大変だったようですが、
多くのお客さまの笑顔をいただきながらの毎日は、
参加した「チーム錦」のメンバーにとっては、
本当に得難い幸せな経験でした。
 
本当にありがとうございました。
 
20131031dthpm01
 
20131031dth01
 
20131031dth01_2
これが「濃熟比内地鶏つけ麺」です。
 
20131031dth02
 
20131031dth03
連日行列ができていたそうです。
空いているスペースは、行列の折り返し用のスペース。
折り返し用のスペースが用意されるのは、かなり珍しかったようです。
 
20131031dth04
 
20131031dth05
一日中、この状態が続いたようです。
 
20131031dth02_2
遣り切った感のあるチーム錦のメンバーです。
いい顔をしています。
確かな手応えを感じたラーメン錦代表・遠藤は
「来年ももう一度、ここに戻ってきたい!」と
意欲を燃やしています。
ブログ管理人も、また、その夢が叶うことを心から願っています。 
 
皆様の応援、本当にありがとうございました。
そして、来年もよろしくお願いします。
少し、気が早いですけど・・・(笑)    
**********
 
と、ご報告しつつ、もう一つお知らせが(汗)
 
実は、現在、「チーム錦」は、東京ラーメンショーに参加しています。
今年は、イベント数珠つなぎです。
 
20131031
 
そちらもどうぞよろしくお願いします。

「らーめん錦」が参加している

大つけ麺博・第四陣は昨日で折り返し、
今日からは、いよいよ後半戦です。
 
連日、いい感じの行列を作る事ができているようです。
並んでいただいたお客さま、ほんとうにありがとうございます。
 
20131104_2
濃熟比内地鶏つけ麺、です。
 
20131104_4
 
 
*********
 
 
今日は、店頭で販売されている有料トッピングをご紹介します。
 
20131031dth01_2
 
ブース前の看板にも、どんと書かれています。
 
トッピングの種類は3種。
 
その1◆桃豚バラ肉とろチャーシュー(限定150)200円
 
「桃豚」は、十和田湖高原で育てられた、秋田を代表するブランド豚。
肉質が柔らかく、脂のうま味を堪能できる美食材です。
そのバラ肉を高圧釜で炊き上げたチャーシューは、
スープの熱でとろける柔らかさになります。
 
 
その2◆比内地鶏味玉(限定300)150円
 
比内地鶏卵は、秋田県内でも流通量の少ない貴重な卵です。
その比内地鶏卵を絶妙な半熟状に茹で上げて、
自家製タレにつけ込んだ味玉が登場します。
 
 
その3◆比内地鶏つくね(限定300/3個入)200円
 
比内鶏のふるさと、大館市比内地区で丁寧に育てられた
比内地鶏を叩いて作ったつくねです。
比内地鶏の肉質のよさと旨みを感じてください。
 
いずれも、数量限定販売です。
 
この機会に、ぜひ、味わってくださいね。
 
今日も、皆様のおいでを、心からお待ち申しております。

これが、大つけ麺博出品「濃熟比内地鶏つけ麺」

大つけ麺博第四陣に出店中の

「らーめん錦」が、皆様にお届けしているメニューは
「濃熟比内地鶏つけ麺」です。
 
今日は、このつけ麺についてご紹介します。
 
20130720
 
これは、「大つけ麺博」ホームページに掲載されている
「濃熟比内地鶏つけ麺」です。
 
ポイント①はスープ。
 
秋田の誇り美食材「比内地鶏」からとった
鶏白湯をぜひ、味わってください。
比内地鶏は、薩摩地鶏・名古屋コーチンと並び、
日本三大地鶏といわれる上質な地鶏です。
なかでも、そのスープは、秋田名物「きりたんぽ」の際には、
必須といわれるほど、うま味とコクのあるスープになります。
 
今回は、比内地鶏の本場・比内町ののどかな自然の中で
放し飼いで飼育された比内地鶏の鶏ガラのみを使用しています。
 
その比内地鶏をじっくり焚いてとったのが「濃熟鶏白湯」です。
ベースのスープだけで、コクと旨味が堪能できます。
 
やさしくじんわりと沁み入るようなスープを味わってください。
 
20131031dth03
 
なお、このスープは、昨年までの三年間、
「東京ラーメンショー」に「秋田成ト会」として参加した際の
「どんぶりin秋田」として提供した鶏白湯スープと
基本は同じものです。もちろんつけ麺用のアレンジはしてあります。
 
「東京ラーメンショー」で話題になった
鶏白湯のつけ麺バージョンとしても、ご注目下さい。
 
ポイント②は自家製麺。
 
自家製麺にこだわる「らーめん錦」が使用する麺は、
北海道産小麦「春よ恋」一等粉を使用しています。
つけ麺用の自家製麺は、その一等粉に
同じく「春よ恋」自家製粉の全粒粉をブレンド。
もっちりとしながら、つるめきもある独特の風味が味わえます。
 
20131031dth04
 
 
ポイント③塩麹漬鶏チャーシュー。
 
北海道産若鶏を使用したチャーシューは、鶏胸肉を塩麹につけることで、
肉質が柔らかくジューシーな仕上がりになっています。
 
ポイント④トッピングのユニークさ。
 
そのほか、秋田市大館産長ネギ、揚げゴボウなどが乗っています。
その中でもユニークなのは「とんぶり」です。
 
「とんぶり」は黒っぽい粒状の形態から、
「陸のキャビア」などと呼ばれる秋田の特産品で、
その正体は、ホウキギの実です。
プチプチとした食感が特徴のとんぶりなのですが、
つけ汁にいれると、麺とよくからみ、おもしろい食感となります。
 
この食べ方は、秋田でも珍しい食べ方ですが、
個人的には、大好きです!
以上、ざっと、「濃熟比内地鶏つけ麺」の美味しさを
お話ししてきましたが、旨く伝わっているでしょうか(汗)。
そして、このつけ麺は、無化調 で作られています。
無化調で、このうま味を出しています。
あとは、会場で、ぜひ、ご自身の舌で味わってください。
 
20131031dth02
 
 
本日も、チーム錦は、
大つけ麺博会場で、皆様のご来場をお待ちしております。

「あきたラーメンショー2013 inアマノ」開催中!

これも、ぎりぎりの告知ですみません(汗)
・・・というか、もう始まっています。
 
現在、秋田市で「あきたラーメンショー2013 inアマノ」が開催されています。
会場は、秋田市御所野「アマノ御所野店駐車場・特設会場」です。
 
20131101arshptop
 
これは、公式ホームページのトップ画像です。
 
あれれ、見慣れた顔のイラストが載っています。
らーめん錦遠藤社長のイラストですね(笑)
 
このイベントは、来春に開局30年目を迎えるエフエム秋田主催ですが、
実は「らーめん錦」が、後援として参加しています。
 
「ラーメンを食べる人を笑顔にする!」をコンセプトに、
北は北海道札幌、南は九州博多までの広域から、
選りすぐりの10店が参加します。
 
ラーメンを通して、秋田に元気を!という思いの込められたイベントです。
 
■詳しくは、
 
 
 
**********
 
 
そして、このイベントは、
ラーメン錦も参加している「秋田成ト会」も関わっています。
 
今回の出店店舗の中には
秋田成ト会賛助会員の「佐藤要悦本舗」の稲庭中華そばを使用した
東京「麺や七彩」も登場しています。
 
稲庭うどんの手法を活かした「稲庭中華そば」は、
秋田生まれながら、関東域で注目を浴び、
ある意味、逆輸入のような形での登場になります。
 
厳選してブレンドした良質の国産小麦粉だけを使用し、
製麺後、稲庭うどん同様に、2日間かけて
ゆっくり乾し上げた「稲庭中華そば」は、
稲庭うどんの技をもつ「佐藤要悦本舗」だから
作り得た中華麺です。
 
稲庭中華そばの詳細は、こちら
 
この機会にぜひ、食べてみてください。
 
 
**********
 
 
■「あきたラーメンショー2013 inアマノ」
 
【期間】 2013年11月1日(金)〜4日(月)
 
【会場】 秋田市御所野「アマノ御所野店駐車場・特設会場」
 
【参加店】全10ブース
 
せたが屋(東京)
「三つ巴焼豚麺」
           
BASSO ドリルマ(東京)
「濃厚こくまろ味噌ソバ」
 
ちばき屋(東京)
「ちばき屋 支那そば」
 
ど・みそ(東京)
「特みそこってり」
 
麺や七彩(東京)
「稲庭中華そば」
 
麺 eiji & 麺屋高橋(北海道)
「札幌味噌ラーメン」
 
ひらこ屋(青森)
「“にぼダク”中華そば」
 
麺屋白神(岐阜県関市)
「奥美濃古地鶏ラーメン」
 
麺屋なかひら(高知)
「幻の土佐ご当地! 豪快味噌カツラーメン!!」
 
一風堂(福岡市)
「一風堂 白丸元味」
 
 
手前味噌な言い方かもしれませんが、
 
これだけのそうそうたる店舗が集結するラーメンイベントが、
秋田で開催されるチャンスは、そうそうないと思います。
秋田でラーメンを愛するものの一人としては、
この機会に、多くの人に、このラーメンを食べてほしいと思います。
 
「美味しいものは、人を幸せに、元気にしてくれるはずです。
 
この三連休の一日に、
足を運んでみていただけたら、うれしいです。
 
秋田の皆さん
 
この三連休は「ラーメン三昧」を満喫いたしましょう!

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »