2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

東京ラーメンショー出店期間の「麺屋うるとら」の臨時休業について

ブログ管理人です。

 

本日、「チーム錦」の精鋭部隊が、
「秋田成ト会」代表として
「東京ラーメンショー2012」第2幕出店 のために、
朝早く、東京へ向かいました。
 
今日の夕方に現地に入り、第1幕の終了を待って、
明日以降の開店準備に取りかかるはずです。
昨年までとは違い、時間のない中での準備なので、
今晩は、スタッフ一同、大忙しだとは思いますが、
パワーとやる気に溢れたメンバーなので、
がんがんばりばり準備をして、明日を迎えると信じています。
 
 
・・・というふうに、スタッフが東京に出向いている間、
「麺屋うるとら」か臨時休業となります。
秋田の皆様にはご迷惑をおかけします。申し訳ありません。
 
 
 
■□■「麺屋うるとら」の臨時休業のお知らせ■□■
 
休業期間:10月30日(水)〜11月6日(火)
 
11月7日(水)から営業再開いたします。
 
 
20121029don_final_b

秋田成ト会、東京ラーメンショーに参加します

らーめん錦も参加してる「秋田成ト会」が、

今年も「東京ラーメンショー2012」に出店します。
出店期間は10月31日(水)〜11月4日(日)。
三年連続参加を目標にしていた「成ト会」にとって、
今年は、一つの節目の年になります。
詳しくは、秋田成ト会HPをごらんください。
201210290don_final_a
東京ラーメンショー2012のHPは「こちら」

横手市「駅西口祭」に、あの東京ラーメンショー出品ラーメン登場!

らーめん錦も参加している「秋田成ト会」が、

今週末に、横手でイベントをやります。

10月27日(土)、28日(日)の2日間、横手駅西口駐車場・特設会場で

「駅西口祭」というイベントが開催されます。
このイベントに「秋田成ト会」有志がチームを組んで参加します。

秋田成ト会会員店舗の中から、県南エリアの会員を中心に

数店鋪のオーナーが集結して、ラーメンを作ります。

たぶん、その姿も一見の価値あり!だと思います。

 

20121023ekinishigutisai

 

「秋田成ト会」は発足以来、

全国の有名ラーメン店が集結する「東京ラーメンショー」に、

秋田の美味しい食材を集めたオリジナルラーメン

「どんぶりin秋田」を引っさげて出店しています。

今年も、そのラーメンショーに、3年連続・三回目の出店をします。

今年の「東京ラーメンショー」は、10月26日(金)〜11月4日(日)開催。

秋田成ト会は10月31日(水)〜11月4日(日)の5日間登場します。
その東京でのイベントに先駆けて、

今年の「どんぶりin秋田」を秋田の皆様にお披露目しようと、

「駅西口祭」の秋田成ト会ブースで数量限定販売します。

比内地鶏、桃豚などの秋田の美味しい食材を使った特別な一杯を、
どこよりも早くたべられるチャンスです。

値段は1杯750円。
販売は午前10時から午後3時までですが、

一日限定300食の売り切り御免スタイルです。

 

**************

 

また、当日は、スペシャルゲストとして、

仙台のカリスマラーメン店「五福星」(うーふーしん)も出店します。

東日本大震災後の炊き出しで1万5千食以上作り続け、

被災者の方々の心も身体も温めた「ブタみそらーめん」一杯750円を販売します。

 

この想いのこもった2杯のラーメンが一度に食べられるのは、この会場だけです。

この機会に、ぜひ、足を運んでみて下さい。

心からお待ちしております。

らーめん錦秋田本店で開催中の「東池袋大勝軒」もりそば、食べてきました

こんにちは、ブログ管理人です。

今日のお昼に、らーめん錦秋田本店に行ってきました。

お目当ては、「大勝軒の特製もりそば」700円です。

それが、これです。

20121013

見た目はシンプルです。

つけ汁の中に、細メンマと厚切りチャーシュー(もも肉?)が入ってます。

つけ汁もかなりたっぷりです。おもったよりもさらりとしています。

錦で作った極太麺をあわせていただきます。

熱々のつけ汁につけてすすると、動物系の脂が麺をコーティングして、

美味しい「脂」の風味も一緒に口の中にとびこんできます。

「スープが麺に絡む」というよりは、

「馴染む」「沁みる」という感じで

一体化したような感じでした。

すすり上げるときの脂の香ばしさは、

ちょっと鴨せいろの感じと似ているかもしれません。


2012101302

とても、美味しかったです。

食べてしばらくの間、口の中には美味しさの余韻がありました。

ちなみに、私は「並」を頼んだのですが、

つけ汁もたっぷりだし、つるつるっと食べられるので、

「大」いっちゃっても、全然問題ないと思います(笑)

食べ物の素敵なところは、

「美味しい」という基準が一つではなくて、

同じジャンルの食べ物であっても、

本当にたくさんの「美味しい」が存在することだと思います。

私は、錦のつけ麺も美味しいと思っていますし、

大勝軒のもりそばも美味しいと思っています。

それ以外にも「美味しい物」は山のようにあると思います。

だから、一つでも多くの「美味しい」に出会えるだけで、

なんだか、しあわせな気持ちになれたりします。

今回のもりそばをたべて、

また一つあたらしい「美味しい」を体験しました。

今回、らーめん錦で販売している「大勝軒のもりそば」は

錦の自家製麺を使っています。

だから、こればここだけの食べ物で、

明日までしか食べる事が出来ません。

帰り際にお店のスタッフに聞いたところ、

たぶん本日は、午後の早い時間い100食完了すると思われます。

残すは後一日。

なんだかプレッシャーかけているみたいになっちゃいましたね(汗)

すみません。

それだけ、食べてみてほしいとおもっているんです、私。

明日、「らーめん錦秋田本店」イベント最終日も

朝11時の開店から連日100食 をご用意しています。

確実に食べてみたいという人は、早めにおでかけください。

「東池袋大勝軒のもりそば」特別ver.700円。

ここでしか食べられない一杯を、ぜひ食べて下さい。

イベントの詳細は、こちらから。

10月12日から3日間、らーめん錦秋田本店で「東池袋大勝軒」の特製もりそばを限定販売!

今回は「らーめん錦秋田本店」のイベントのお知らせです。

20121006pop

先週末に大館「錦本店」で販売した

「東池袋大勝軒」の特製もりそばが、

今度は「らーめん錦秋田本店」で販売されます。

昭和30年に誕生し、

「元祖つけ麺」として

半世紀以上愛され続けた「大勝軒」伝統の味に、

秋田比内地鶏とらーめん錦自慢の「北海道産小麦全粒粉の太麺」が合体した、

まさに、今ここでしか食べられない、特別な「もりそば」の登場デス。

大館での反響を遠藤社長に聞いたところ、想像以上に出足がよく、

用意した100食は、お昼過ぎには完売!という状態だったようです。

「これだけ多くのお客さまに来ていただけるのだったら、

東池袋大勝軒の飯野さんにお願いして、

もっと数を増やせばよかったです。

せっかく来ていただいたのに

食べられなかったお客さまに申し訳なくて…。」

と遠藤社長は、ちょっと泣きが入っていました。

気になる「秋田本店」での販売時期ですが、

10月12日(金)〜14日(日)   の3日間を予定しています。

大館本店同様、

朝11時の開店から連日100食をご用意しています。

確実に食べてみたいという人は、早めにおでかけください。。

「東池袋大勝軒のもりそば」特別ver.700円。

ここでしか食べられない一杯を、ぜひ食べて下さい。

みなさん、お楽しみに!


本日から、大館錦本店で「東池袋大勝軒」の特製もりそばを限定販売!

こんばんは、ブログ管理人です。

ご連絡がおそくなりましたが(汗)、

本日(10月6日)から、月曜日(10月8日)までの3日間、

大館の「錦本店」で、

つけ麺の元祖「東池袋大勝軒」の特製もりそば

販売されています。

20121006pop_2

きっかけは、9月に行われた「秋田大ラーメン博」での

東池袋大勝軒と大館錦本店のコラボ。

3日間開催されたイベントの会場で、

東池袋大勝軒二代目・飯野敏彦氏とらーめん錦・遠藤社長が

タッグを組んで作り続けた「特製もりそば」を、

もう一度、秋田の人たちに食べてほしいという熱い想いが、実を結びました。

昭和30年に誕生し、

元祖つけ麺」として半世紀以上愛され続けた「大勝軒」伝統の味に、

秋田比内地鶏とらーめん錦自慢の「北海道産小麦全粒粉の太麺」が合体します。

まさに、ここでしか食べられない、特別な「もりそば」の登場デス。

  ■「東池袋大勝軒のもりそば」特別バージョンは700円

(一日限定100杯限定販売)

「特製もりそば」は、次週は秋田市に登場します。

10月6日(土)から8日(月)/大館の「錦本店」

■10月12日(金)から14日(日)/「ラーメン錦秋田本店」

 

今しか食べられない一杯を、ぜひ食べて下さい。


« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »