2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 4月21日、AAB朝日放送「ミーチューゲッチュー2012」をチェック | トップページ | 大館市「和伊の蔵」からの業務形態変更のお知らせです »

らーめん錦秋田分店「えび辛」始まりました!

ブログ管理人です。

皆さん、『ミーチューゲッチュー2012』みていただけたでしょうか?

その中で紹介していた「えび辛」シリーズ、本日から始まりました。
なので、早速、食べに行って参りました。

以下は、食レポです。

まず、最初は、「えび辛つけ麺」
値段は「小」830円/「中」880円/「大」930円


2012042101
麺のセンターにある赤いものが、噂のシビカラ系特製薬味「えび辛」です。


↓ ↓ ↓ アップはこんな感じ。
2012042102
なんだか、いろんなものが凝縮していそうな、意味ありげな色をしています。


↓ ↓ ↓ とりあえず、ある程度の量を麺に絡めてみました。
2012042103
ここでワンポイントアドバイスです。

「えび辛」は最初から、一気に混ぜないで、少しずつ混ぜてみて下さい。
「えび辛」自体は、けして激辛ではありませんが、
ご自身で辛みの調節をしながら食べる方法をおススメします。


↓ ↓ ↓ つけ汁にいれる直前に、更に辛みをのっけてみました。
2012042104
このちょい足しした辛みが、旨味と辛みを足してくれるので、
全体にまぶした辛みとは違ったインパクトがありました。


↓ ↓ ↓ チャーシューにトッピングしてみました
2012042105
あついつけ汁の中にチャーシューを投入しておくと、
熱で脂がいい具合にとろりとなります。

そのチャーシューに「えび辛」をのっけてみると、お、お、お、おいし〜です。
風味がぐぐっと広がります。

分店のつけ麺は、この冬リニューアルして、
節系の味が強い濃厚なタイプになりましたが、
そのスープに、「えび辛」の風味と甘みが加わることで、
味のバランスが変わる感じがします。

ワタクシ的には面白い発見でした。


***********


そして、お次は「えび辛油そば」
値段は、大盛・並盛同一価格の830円です。


そういえば、先日の「ミーチュー」の取材で、
遠藤社長は「油そばはヘルシー」宣言をしていました。
その理由は、「スープがないから」・・・なるほど!


確かに「油」そばというネーミングとボリューム感で
なんとなく「油そばはヘビー」とおもっていましたが、
そう言われれば、そうですよね。
たしかに麺は通常のラーメンメニューよりも多いですけど、
野菜もふんだんに摂れますしね。


なんだか、社長のコトバが胸に落ちましたデス。
なので、早速使わせていただきました。


ささ、試食です。
↓ ↓ ↓ まず、見た目はこんな感じです。
2012042101_2
通常に油そばのトッピングと一緒に「えび辛」が並んでいます。


↓ ↓ ↓ こりずにアップです、つけ麺の時と大差ないんですけど(汗)
2012042102_2
ふふふ。相変わらず不敵な赤です。

ここでちょいと辛みだけを食べてみて下さい。
えびの旨味とか、じんわりくる辛みとか、
深みのある辛味を感じられるかもしれません。

この写真を見ていると、この辛みを
冷や奴にのせたい、キューリにつけたい、ご飯にのっけたいなどの
食の妄想がとまりません(汗)


それから、恒例の(笑)ワンポイントアドバイスです。

油そばは、ひたすら混ぜて下さい

器の底に、味の決め手となる返しなどが入っていますから、
上下をひっくり返すように、器の底から、えっさえっさとかき混ぜちゃって下さい。
半熟玉子も、もやし&ネギ&タマネギも、カツオ節も、大きなチャーシューも、
「こんなにですか〜」というくらい、親の教育が疑われるくらい(笑)かき混ぜて下さい。

そして、もう一つの、大切なポイントは
最初は「えび辛」は可能な限り、混ぜないで現状維持でおねがいします。

「んな、むちゃな〜」とお思いのお客さま、申し訳ありません。
理由は「つけ麺」と同じです。
そして、ちょい足し感覚で食べるのもなかなか美味しいです。


↓ ↓ ↓ 「えび辛」以外の部分を混ぜた後に、辛味を足してみます。
2012042103_2


↓ ↓ ↓ ちょっと慣れてきたので「えび辛」半量を麺半量に混ぜてみました。
2012042104_3
いい感じに赤くなっています。


↓ ↓ ↓ ついでに、チャーシューにものっけてみます。
2012042105_2
あの大きなチャーシューが、「これでもかー!」と混ぜているうちに
自然とこんなふうにほぐれてきます。

見た目は今ひとつですが(笑)、これが麺と一緒に口の中に入ってくるので
噛み締める楽しさを体感できます。
同じように、カツオ節やモヤシ、タマネギなども味わえます。
熱いうちに混ぜ合わせると、半熟玉子も麺にからまってくるので、
和製カルボナーラというか、焼うどんというか、
そういう渾然一体感が「油そば」のおいしさなんだとおもいます。


食べ進むうちに、味を変えたいと思ったら、卓上の「酢」や「ラー油」をどうぞ。
↓ ↓ ↓ ということで、酢を入れてみました。
2012042106
「酢」をいれると、さっぱり感がまし、辛味もさわやかになります。

そして、水分がはいった事で、麺が絡みやすくなり、一気に食べやすくなりました。
私は、このあたりでは、すべての「えび辛」を混ぜていました。
ほどよい発汗作用で、鼻の頭に汗をかきながら、食べています(笑)。

最後は、いらない情報でしたね、失礼しました。


**********


今回、2つの「えび辛」を食べてみて気がついたのは、
「混ぜ込み」と「ちょい足し」の合わせ技で食べると、
ボリュームたっぷりの「つけ麺」&「油そば」も、
最後まで、いい感じでたべられるのだという事実でした。


皆さんもぜひ、この機会に試して下さい。


そして、最後に、プチ情報をひとつ。
秋田分店の自動販売機の置き場所が、最近、変わりました。
入り口手前の好ポジションに陣取っています。


そして、その中のコカコーラ(ロング缶)が
↓ ↓ ↓ こんなことになっています。
20120421

デカクて安い!!!
お得です。
※いつまでこの状態なのかは、わかりません・・・けど(苦笑)

« 4月21日、AAB朝日放送「ミーチューゲッチュー2012」をチェック | トップページ | 大館市「和伊の蔵」からの業務形態変更のお知らせです »

「錦秋田分店」情報」カテゴリの記事

メニュー情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月21日、AAB朝日放送「ミーチューゲッチュー2012」をチェック | トップページ | 大館市「和伊の蔵」からの業務形態変更のお知らせです »